<< ヘルスコートの部屋で | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

『吉松道場』に塗りこめまれた"想い"〜心と体の鍛錬を支える本物の空気〜


東京都足立区にある空手道場『吉松道場』は、このたび道場内の壁に木炭塗料『ヘルスコート』を塗布し、室内用の空気環境改善装置『SUMICAS』を設置した。

 当道場の方針は、組み手・試合を基本的に行わないことである。それは当道場が『心』を大切にしたいと考えているからだ。道場主である吉松義隆先生は、自らの鍛錬と修行から、“武道とは武を通して己を鍛え、人としての道を学ぶこと”であるという考えに至った。 「生徒達には、空手という道を通して、人としての“優しさ、思いやる心”を養ってもらいたい。そして、それこそが“本当の力”に繋がるのだということを学んで欲しい」と語る。

 実は吉松先生は、この道場に塗られた木炭塗料『ヘルスコート』の開発者である故・吉松道晴の甥にあたる人物である。
 今回、この『ヘルスコート』を塗った理由を伺うと、『自然素材である木炭を使用した『良い空気』の中で練習することで、より健康で強い心と体づくりができると考えている。そして、何よりもまず人の健康と、人と人との繋がりや絆を大切にした叔父である吉松道晴の強い“想い”を道場に塗りこみたかった。』と熱く語った。  


 これからも、より多くの人にこの道場を利用して頂き、心も体も強く、そして健康になって欲しいと願っている。

『吉松道場』HPはこちら 

http://www.yoshimatsu-dojo.com/



at 13:24, kyuar, -

-, trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 13:24, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

trackback
url:http://kyuar.jugem.jp/trackback/7